スペイン・マドリード/6番線O’donnell駅付近


Date: 2018年3月18日
Time: 11:00 AM  to  1:30 PM

「お腹の中はどんなところだった?」
問いかけられた子供達は「あたたかかった!」「くらかった!」「おかあさんのこえがきこえた!」と、素直に自然に答える。
胎内の記憶というものをほとんどの子供達はごくごく普通に、日常的に語るものだと産婦人科医師であり、胎内記憶の研究で知られる池川明先生は伝えます。

この映画は、様々な「記憶」を持つ子供達、そしてそれを受け止め、研究されている方々のドキュメンタリー映画です。
口コミや自主上映会などで話題を呼び、広く世に知られるようになりました。
http://norio-ogikubo.info/作品解説-2/

前世の記憶からトラウマを持って産まれた男の子。
兄弟で生まれてくると約束して来た兄と弟の絆。
空の上でどんな風に地上の母親を見て、自分で選んで生まれてくるのか。
中間生(生まれ変わる前の、ある人生と次の人生の間の期間)の記憶を持つ「すみれ」ちゃんと、空の上で友達だった魂の子供達。
彼らの語るメッセージ…

どんな方でも、「なぜ生きているのか?」、「この人生の目的はなんなのか?」そういった事を考えることがあると思います。

お腹の中に赤ちゃんのいる妊婦さん、お子様を持つ方々、そしてお子様のいない方…全ての方に、この映画は人生を違った角度から見るきっかけとなり、新たな理解と生きる活力をもたらしてくれると思っています。

ご都合がつく方はぜひ上映会へお越しください。

※お子様連れ可能です。託児はありませんので、お子様の状態に合わせて柔軟にご観覧下さい。おもちゃ・食べ物などお子様に必要なものは各自ご持参ください。会場にもおもちゃや絵本などございますのでご自由にお使いください
​​
●イベント名:「かみさまとのやくそく」上映会

●日時:3月18日(日)11:00 – 13:30
      19日(月)11:00 – 13:30
      20日(火)11:00 – 13:30
      21日(水)11:00 – 13:30
各日1回上映、4日間の4回開催です。
上映が2時間ほど、その後お茶を飲みながらシェアリング
各日同じ上映とスケジュールです。
ご都合のつく日にお越しください。
お茶と軽食はこちらでご用意します。

●会場:マドリード市内、6番線のO’donnell駅付近
    ※お申し込みのあった方に住所をお送りします。

●定員:各回10名(お子様は含みません)

●料金:大人一人8ユーロ(お子様は無料です)
※制作会社へDVDのレンタル料金をお支払いする必要があるため、料金を設定させていただいています。宜しくお願いします。

●お申し込み・お問い合わせ
Mail:hisakoshoen@gmail.com
参加希望の日程をご明記ください。
facebook経由でお問い合わせも可能です。

お待ちしております。
井上久子
https://www.facebook.com/shoenthelight