出演者・スタッフ


 

池川 明

池川クリニック院長、医学博士。

1954年東京都生まれ。帝京大学医学部大学院修了。
上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。年間約100件の出産を扱い現在に至る。
2001年9月、全国の保険医で構成する保団連医療研究集会で『胎内記憶』について発表し、それが新聞で紹介され話題となる。

現在、お産を通して、豊かな人生を送ることができるようになることを目指している。胎内記憶研究の第一人者として知られている。

著書『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)は日本文芸アカデミー賞ゴールド賞を受賞。他にも『ママ、生まれる前から大好きだよ!』(学研)、『ママと笑いたくて生まれてきたよ』(学陽書房)など多数。

公式サイト 池川明ドットコム

 

大門正幸

中部大学全学共通教育部教授・
米国バージニア大学医学部客員教授・
国際生命情報科学会(ISLIS)常任理事・
人体科学会理事ほか

専門領域:言語学、超心理学
関心テーマ:脳と意識の関わり、言語の起源、スピリチュアリティの問題、「過去生記憶」、「胎内記憶」を持つ子ども等。科学のアプローチで魂の問題に迫りたい。

著書に『スピリチュアリティの研究 異言の分析を通して』(人体科学会 湯浅賞奨励賞受賞)がある。その他、 “A Case of a Japanese Child with Past-Life Memories”
(過去生記憶を持つ日本人の子どもの事例)など論文多数。

公式サイト http://ohkado.net

 

飛谷ユミ子

東京都生まれ。飛谷こども研究所代表。

七田チャイルドアカデミーにて、七田眞氏とともに「ドッツ・プログラム」
「右脳速算システム」「波動速読」をはじめとする教育プログラムの開発に
取り組む。

2005年に飛谷こども研究所を開設。幼児・児童の指導を中心に、胎児から
大人までを対象とするユニークな教育活動を展開している。

池川明氏との共著『お母さん、お子さんはあなたに愛を届けにきました。』
(学研)が話題になっている。

公式サイト http://www.tobitani-kodomoken.jp

 

かがみ知加子

幼児教室ほくと・HOKUTOジュニアゼミ代表

1965 年岐阜県生まれ。看護師として産婦人科、救急医療に従事。
20 代で広告代理店取締役となる。

二児を出産後、(株)日本脳力育成協会を立ち上げ、胎教部門・幼児教室部門・
塾部門を開設。これまで8,000人の親子と関わり、カウンセリングとコーチング・
学力の向上や個性認識学の指導を行う。

現在は親の教育に始まり、企業や病院、学校の人材育成・営業実績向上セミナーの
分野で講演・セミナー活動を行っている。

著書に「『うちの子ってどうしてこうなの?』の悩みが消える!」(現代書林)がある。

公式サイト「幼児教室 ほくと・HOKUTO ジュニアゼミ」http://hokuto1.com

 

監督 荻久保則男

株式会社 熊猫堂(くまねこどう)代表取締役。
東京インターナショナル・スタニスラフスキー・アカデミー映像クラス講師。

20歳で技術スタッフとして映像業界に入り、30年以上のキャリアを持つ。
劇映画やドキュメンタリー番組などの照明、録音、撮影スタッフとしてたくさんの
作品に関わる。

2014年、株式会社熊猫堂(くまねこどう)を設立。監督作品「かみさまとのやくそく」をはじめとして、「どいしゅうさんの ひかりの国のおはなし」「田辺鶴瑛の『介護講談』」を自主上映会を中心に配給している。

監督作品:
ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく~胎内記憶を語る子どもたち~(2013年) 「どいしゅうさんの ひかりの国のおはなし」(2015年) 「田辺鶴瑛の『介護講談』」(2016年)ジャパンフィルム・フェスティバルin LA2017ベストドキュメンタリー賞 「かみさまとのやくそく~あなたは親を選んで生まれてきた~」(2016年)